メダカが消化不良で死ぬ?予防と対策、治し方

メダカが消化不良で死ぬ原因?

  • 一度に大量の餌をあげると消化不良になる
  • メダカは暗くなると消化活動を停止しする為、夜間に餌をあげると消化不良となる
  • 飼育水に亜硝酸が蓄積していると、メダカが消化不良を起こしやすくなります
  • 低水温(冬)に餌を与えると消化不良になりやすい
  • 餌が酸化し消化不良となる
  • メダカに合っていない餌を与えると消化不良となる
  • 白い糞をしている

これらがメダカの消化不良の原因としてよくあげられていますね、一つ一つ解説をしていきますが一般的な消化不良の原因としては

過労やストレスによって自律神経のバランスが崩れると胃腸の機能が低下し結果消化不良が起きてしまい、体力なども低下し細菌やウイルスに感染しやすくなります。

一度に大量の餌をあげると消化不良になる

これは基本考えにくいと考えられます。一度に大量の餌を与えても基本メダカは食べ残しますが後に出てくる残餌(残って底に残る餌)により起こる水質悪化に影響いたしますので次の餌をあげる時間までに残餌がないような量を与えてください

餌を食べると消化をしなくてはいけません。野外などでエアレーションをしていない場合などは水槽では酸素が低下する要因が多くあり、消化する過程でも酸素を使いますので酸欠には注意する必要がありますので、野外でエアレーションを使用してなければ夕方以降は餌を与えない事も大切となります。

メダカは暗くなると消化活動を停止しる為、消化不良となる

これは面白い記載でありますが、基本真っ暗な環境ではメダカは餌を探せないので食べれる量は非常に少ないです。

また消化活動は暗闇(0ルクス)でも当然消化活動は続きますが、問題なのは自律神経が乱れやすくなり免疫バランスや病気になりやすくなるリスクはあります。

自律神経が乱れると消化不良になる事は大切なのでヒトに対しても覚えておいてください

基本メダカを輸送する際には1日もしくは半日は餌を与えないで発送をいたします。これは発送時は暗闇になる為、余計なエネルギーを使わせない、自立神経の調整に負担を掛けない、酸欠のリスク回避の為に行われます。届いた時に糞がないのは決して美的なものではなくメダカの事を考えての事です。

飼育水に亜硝酸が蓄積していると、メダカが消化不良を起こしやすくなります

 

 

低水温(冬)に餌を与えると消化不良になりやすい

 

餌が酸化し消化不良となる

 

メダカに合っていない餌を与えると消化不良となる

 

白い糞をしている

 

 

未分類
marumeをフォローする
めだか室内飼育Q&A~メダカの飼い方|針子~繁殖してみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました